画像

妊娠中にイソフラボンのサプリメントを摂取しても大丈夫?

健康ブームの中、最近ではコンビニでも健康食品や、各種サプリメントを購入できるようになり、現代人がいかに健康に対する意識が高くなってきているのかということがわかります。

しかし、確かな情報や知識が無いままに、「とりあえずサプリメントを摂取しておけばいいだろう」という安易な考えを持っている人も多いように思います。
サプリメントとして販売されている栄養素の中には、摂取しすぎることで逆に悪影響を与えてしまうことがあるものも存在します。
女性達から人気を集めているイソフラボンも、そのひとつです。

イソフラボンといえば、大豆食品から摂取できる栄養素の一種です。
このイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、女性らしい身体つくりのためであったり、女性ホルモンが不足する更年期障害の緩和のためであったりに非常に役立つと言われています。
そのため、そういった良い情報だけが先行してしまい、「女性ホルモンのため・・・」と、大豆食品やイソフラボンを含むサプリメントを多量に摂取しているという女性も少なくは無いようです。

しかし前述したように、イソフラボンは多量に摂取することで悪影響を及ぼす可能性があります。
女性ホルモンが過剰になることで、子宮体部ガン、乳がんの発生率が高くなると言われています。

また、妊娠中にイソフラボンを摂取しすぎることで、お腹の中の赤ちゃんが男の子であった場合、外性器の形成に影響があることも考えられるのです。
特に妊娠中というのは、ただでさえ女性ホルモンが普段以上に多く分泌されていますので、妊娠中にあえてイソフラボンのサプリメントを摂取する必要は無いのです。

イソフラボンの1日に摂取目安は40ミリグラムから50ミリグラムと言われているのですが、これは納豆であれば1パック、豆腐であれば半丁の量にあたります。
思ったより簡単に1日の摂取目安をクリアできると思いませんか?
ですから、妊娠中に限らずイソフラボンの過剰摂取を避けるためにも、イソフラボンのサプリメントの常用には注意が必要となるのです。