画像

手作りイソフラボンローションの作り方

薄着の季節が近づくと、身体の無駄毛が気になるようになってきますね。
脱毛サロンなどに通うことができればいいのですが、なかなか通うことが難しいという人もいると思いますし、背中やお腹などの産毛に関しては、あえて脱毛サロンに通うのも・・・と思う人も多いのではないかと思います。

とは言うものの、家庭での自己処理は頻繁に行う必要があるため、非常に煩わしいものです。
そんなときに役立ててもらいたいのが、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを持つとされており、女性達から注目を浴びているイソフラボンです。

このイソフラボンが大量に含まれた、イソフラボンローションというものが、身体の無駄毛を薄くするのに非常に効果的であると言われています。
このイソフラボンを無駄毛が気になる部分に塗ることで、毛根に対する男性ホルモンの影響が弱くなり、結果的に無駄毛が薄くなったり発育が弱くなったりという効果が得られるのです。
自己処理の手間が軽減でき、更にローション効果でお肌もツルツルになりますからとてもオススメです。

イソフラボンローションは、ドラッグストアなどで購入することができるのですが、実は自宅でも簡単に手作りすることができるのです。
材料は、「成分無調整豆乳200ミリリットル」「レモン2分の1個」「消毒用エタノール20ミリリットル」と、これだけです。
作成するのに必要な道具は、ザル、不織布、ローションを入れる容器と、特別なものは何も必要ありませんから、材料さえ入手できればすぐにでも作ることができますよ。

作成方法も簡単です。
まず、レモンを外皮が入らないように搾ります。
無調整豆乳をお鍋に注ぎ、弱火にかけます。
このとき、焦げ付かないようによく混ぜながら火にかけることが大切です。

無調整豆乳の温度が60~65度ほどになったら、先ほど搾ったレモン汁を投入し、弱火のまま混ぜ続け、小さなかたまりができて分離してきたら、すぐに火から下ろします。

その後、すぐにヨーグルトのように分離が始まりますので、消毒用アルコールを加えて混ぜ続けます。
ザルとボウルを重ね、その上に不織布をかけ、そこに鍋の豆乳を流し込んでろ過します。
そのまま冷めるまで放置し、保存する容器に移したら完成です。
すぐに使用する分は冷蔵庫で保管し、残りは冷凍庫で保管します。

朝と夜の1日2回、無駄毛の気になるところにたっぷり塗るようにしましょう。
だいたい2週間前後で、その効果を実感できることが多いようです。
薄着の季節が始まる前に、手作りイソフラボンローションでシミ・シワ改善、身体の無駄毛をケアしてみてはいかがでしょうか?