画像

生理不順はイソフラボンで改善するか?

女性の生理というのは、基本的に1カ月に1度、25日前後という一定のサイクルで訪れるものです。
しかしそのサイクルを外れて生理の周期が一定で無い場合の状態のことを、一般的には生理不順であると診断されます。

現代の女性は、生理不順に悩む人が多いように思います。
なぜなのでしょうか。

まず、生理が始まったばかりの思春期の女の子の場合は、卵巣機能が未熟であるために生理不順になることが多いです。
この場合は、成長するに従って卵巣機能が発達し、生理不順の症状も落ち着いてくると言われています。
しかし、すでに卵巣機能が発達している20代から40代くらいの女性の場合は、ホルモンバランスの乱れが原因であることが多いと考えられています。

ホルモンバランスが崩れる原因としては、心身に与えられる強いストレスや、不規則な食生活、激しいスポーツ、無理なダイエット、疲労などが挙げられます。
特に現代女性は、男性並みに一生懸命仕事をしていたり、家でも自分のことは後回しにして家族の世話をしたりと、なかなか心身ともに休まる時間がありません。
仕事をしている人などは、規則正しい生活リズムが送れなかったり、栄養バランスのとれた食事をとれていないという方もいらっしゃることでしょう。

また、美容に関心のある女性が多いため、無理なダイエットや激しい運動をしているという方もいらっしゃると思います。
こうした生活を続けていることで、心身に大きなストレスを与えてしまい、ホルモンのバランスが乱れ、結果的に生理不順となってしまうのです。

生理不順が続くことで、不妊の原因となってしまうこともあるため、早々に改善することが必要となってきます。
生理不順の改善には、やはり専門である産婦人科医に相談することが一番です。
そのサポート役としてオススメしたいのが、イソフラボンを摂取するという方法です。

イソフラボンの効果の一つには、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすると言われています。
そのため、イソフラボンを摂取することで女性ホルモンの乱れを整えてくれる効能が期待でき、結果的に生理不順が改善することがあるとされているのです。
ただし、生理不順の原因が女性ホルモンの乱れだけでない場合もありますから、自己判断せず、まず産婦人科医に相談をし、その上でイソフラボンの摂取についても相談をするようにすると安心かと思います。