画像

眉毛にイソフラボンローションが付いても脱毛はしないの?

無駄毛を抑制したり、薄くしたりする効果を期待することができるとして人気のあるイソフラボンローション。
商品にもよりますが、大半が自然の成分を使用しているため、お肌の弱い方や敏感な方でも安心して使用できる場合が多く、また全身に使用することができるものが多いのも特徴です。

そんなイソフラボンローションですが、美白効果も期待することができるということで、身体だけでなく顔にも使用している人も多いようです。
無駄毛を薄くする効果があると言われているイソフラボンローションを使用して眉毛やまつ毛を伸ばすのに必要な部位の毛に作用し、脱毛してしまうことは無いのかと悩む方もいらっしゃるようですね。

確かに抑毛効果のあるイソフラボンローションを、薄くしたくない部位の毛にも使用することで、その部位の毛の生育が遅くなったり薄くなったりすることはあるようです。
しかし、脱毛剤などと違って1度や2度付いたくらいで、すぐに効果が出るというわけではありません。
長期的に使用を続けることで、薄くなったりという効果を実感できる程度ですから、誤って付いてしまった場合もそれほど気にする必要は無いでしょう。

また、使用を中止することで、しばらくすると元の濃さに戻ってくることもありますから、安心してください。
抑毛効果の高いイソフラボンローションを、顔などに使用する場合は、毛を残したい部位にはなるべく付かないように気を使いながら使用すると安心ですね。
顔にイソフラボンローションを使用したい場合には、顔専用の化粧水タイプであるものを使用すると、そういった抑毛効果の無いものが多いためより安心であると思います。

少し話が変わりますが、抑毛効果のあるイソフラボンローションは、小学生くらいの子でも安心して使えます。
小中学生の女の子で、体毛や、顔の産毛、眉毛の間の毛が濃くて悩んでいる子は多いようです。
カミソリを使って処理をするのにも抵抗がある年齢ですから、そんなときにこそイソフラボンローションを使用してあげると効果的です。
顔に使用するときは、綿棒などで毛を薄くしたい所に部分的に塗るようにしてあげると良いようですよ。