画像

子どもにイソフラボン入りドリンクを飲ませても大丈夫?

お肌がキレイになったり、新陳代謝が良くなったり、動脈硬化などの予防になるとも言われているイソフラボン。
様々な良い効果が期待できるということで、人気の高く注目されている栄養素です。
女性に嬉しい効果が多いということから、多くの女性が積極的に摂取しようとしているのですが、その効果の高さから自分の子どもにも摂取させたいと思っている母親も少なくはないようです。

イソフラボンが多く含まれる大豆食品は、畑の肉と呼ばれるほど栄養価の高いものが多く、子どもの成長には欠かせない良質なタンパク質をはじめとした栄養素が豊富に含まれています。
そのため、豆腐や納豆などの大豆食品は、ぜひお子さんにも積極的に摂取していただきたいと思います。

しかし、それとは別にイソフラボン入りのサプリメントやドリンクを飲ませるということは、あまり良くないと言われています。
普段の食生活で摂取できる大豆食品に含まれるイソフラボンに加えて、サプリメントやドリンクという形でイソフラボンを摂取すると、子どもにとって過剰摂取になる恐れがあるのです。

イソフラボンは、皆さんがご存知の通り、女性ホルモンと似た働きをする栄養素です。
そのために、前述したような美肌効果や新陳代謝アップなどといった作用を期待することができるのですが、成長が未発達である子どもがイソフラボンを過剰摂取することで、子どもの成長を阻害したり発達異常を起こしたりする可能性があるのです。

例えば、動物実験ではイソフラボンを過剰摂取することによって、生殖器の発達異常が見られたという結果が出ています。
人間も同様、イソフラボンを過剰摂取することで、同じような悪影響を及ぼす可能性があるということで、食品安全委員会では15歳未満の子どものイソフラボンの積極的な摂取は避けたほうが良いと考えられているのです。

このような話を聞くと、大豆食品の摂取を躊躇してしまうという声もありますが、普段の生活で摂取する大豆食品の量であれば、過剰摂取になることはまずありませんから安心してください。
普段の食事に加えて、サプリメントやドリンクを使用してイソフラボンを摂取するということが良くないということなので、その点だけ気を付けてあげれば大丈夫です。