画像

イソフラボンのアレルギー症状は?

健康ブームの中、女性ホルモンと深い関わりがあるということで、女性から人気のあるイソフラボンを含む健康食品やサプリメントは数多く販売されています。
イソフラボン入りの飲料や食品などは、コンビニなどでも気軽に購入できるようになったため、頻繁に利用しているという方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、このイソフラボンですが、実はアレルギーを起こす可能性もあるのです。

アレルギーというのは、身体の外から入ってくる食品などに対して、身体に備わっている免疫が過剰反応して引き起こされる症状のことを指します。
本来、何の問題も無い無害な食品であるにも関わらず、免疫の力が過剰に働いてしまうというものなのですが、これは清潔な環境で育ってきた方に特によく見られる症状であると言われています。
そのため、近年の日本では、昔に比べて今の子ども達はアレルギーを持った子が非常に多いとされているのです。

アレルギー反応を起こす可能性があると言われている食品はいくつか存在します。
よく知られているものでは、蕎麦や卵、小麦粉などがありますが、その中にイソフラボンが多く含まれている大豆食品も挙げられています。
大豆食品は、納豆や豆乳、豆腐など日本人に関わりの深い食品が多いのですが、大豆アレルギーを持っていると、じんましんやおう吐、喘息などの症状が出る可能性があります。

こうした食物アレルギーは、子どもの頃は大丈夫であっても、大人になってから急に発症するということも充分に考えられます。
イソフラボンや大豆製品というは、女性の健康や美容のために積極的に摂取したい栄養成分であると言われていますが、アレルギー反応に苦しみながら無理して摂取する必要は全くありません。
アレルギーというのは、時に命に関わることも少なくありませんから、大豆食品を食べたり、イソフラボン入りの健康食品を摂取したりして、何らかの異常を感じた場合は、摂取するのを中止し、医療機関で相談することをおすすめします。